かんたん!国民年金・厚生年金入門 かんたん!国民年金・厚生年金入門 運営スタッフ紹介 かんたん!国民年金・厚生年金入門 サイトマップ


   かんたん!国民年金・厚生年金入門 > 高金利の普通・定期預金(貯金)・定期預金で老後資金を作る

高金利の普通・定期預金(貯金)で老後資金を作る


お金の管理・自己管理をしっかりとできることが前提ですが、年金を増やすには、「ネットバンク・銀行やゆうちょ銀行普通預金(貯金)を利用して、年金だけでは足りない分のお金をコツコツと積み立てていく」という選択肢もあります。



この場合、どのようなメリット・デメリットがあるのかをまず確認してみましょう。




メリット1:普通預金(貯金)なら、いざという時には引出すことができる。

年金を増やす方法として、付加年金国民年金基金個人年金保険を取り上げていますが、これらの商品に共通することとして、

老後まで引出しできない(簡単に引出すことはできない)

というデメリットを挙げることができます。




付加年金や国民年金基金については、掛金が全額、社会保険料控除になることや、公的な年金であるため、安全度が極めて高いなどの大きなメリットがありますが、


「アナタがどんなに経済的に困った状況に陥ったとしても、掛金として一度納めたお金は、アナタが老後になるまで、もしくは、アナタが死亡して家族に一時金が渡される場合まで、絶対に返ってくることはない」


という大きなデメリットもあります。



また、民間保険会社の個人年金保険については、中途解約して現金に換えることはできますが、一般的に、積立期間が10年〜15年以下の場合には、元本割れになる可能性が高くなります。




では、普通預金(貯金)の場合はどうかと言うと、いざという時にはいつでも引出しが可能ですし、元本が割れることもありません。

これは、普通預金(貯金)や定期預金ならではのメリットだと思います。



他の方法を利用した場合で、どうしてもお金が足りない場合には、高い金利でお金を借りるくらいしか方法がありませんからね(;^_^A。




メリット2:普通預金(貯金)なら、状況に応じて預けかえられる。

付加年金や国民年金基金は、預けかえるなんてことは不可能ですし、また、個人年金保険についても、「解約→新たに契約」という方法でしか積立金を移動させることはできません。



しかし、普通預金(貯金)なら、その時の預金金利の状況や、銀行のキャンペーン時など、その時の状況に応じて、より有利(魅力的)な金融機関に積立金を預けかえることができます。


預金金利については、各銀行で、かなりの差が出てきているので、金利の状況に応じて有利な銀行に預けかえることで、お金が増える速さはかなり違ってくると思います。




メリット3:普通預金(貯金)なら、確実に、積立金の全額が受取れる。

付加年金や国民年金基金については、ある程度の年齢まで生存していないと、積立金に対して少ない受取金になる場合があります。



また、個人年金保険についても、老後に一括して受け取ろうとすると、多額の税金がかかってしまうことにりますし、また、年金型として少しずつ受取る場合にも、受取額がある一定の金額を超えると税金がかかります。



しかし、普通預金の場合には、利息に対して20%の税金を引かれますが、引出す際には税金がかからないため、積立金のすべてを一括して受取ることができます。






デメリット1:自己管理、お金の管理ができない人には向いていない。

普通預金のメリット1で書いたことが、逆効果になるケースです。



普通預金は、付加年金や国民年金基金、個人年金保険とは異なり、いつでも自由に引出すことができるので、

「老後の資金だから、余程のことがない限り引出さない!」

と決めて、これを実行できる人でなければ、お金を積み立て続けることはできません。



ですから、欲しい物の誘惑に負けてしまいそうな方や、また、配偶者(結婚相手)を含めた家族などに、お金の管理がきちんとできない人がいる場合には、まずは、付加年金や国民年金基金、個人年金保険を利用した方が良いでしょう。




デメリット2:社会保険料控除を受けられない分、効率が悪くなる。

自由に使える普通預金(貯金)は、もちろん、社会保険料控除の対象にはならないため、節税効果を考えた場合、効率の悪い老後資金の作り方になってしまいます。


しかし、付加年金や国民年金基金なら、掛金のすべてが社会保険料控除となりますし、個人年金保険の場合にも、最大で年間5万円までを個人年金保険料控除として、年間の課税所得から引くことができます。



なお、年間所得(年収−各種控除)が多ければ多い人ほど、この社会保険料控除を得られないことによる損失は、かなりの金額となってしまいます。




デメリット3:利息に対して20%課税されるため、複利効果が弱まる。

普通預金(貯金)では、預けたお金の利息に対して、20%の税金を引かれてしまいます。つまり、税金を引かれる分だけ複利効果が弱まってしまうため、お金を増やす方法としては、あまり効率の良い方法とは言えません。



しかし、国民年金基金や個人年金保険は、運用期間中の利益に対して課税されることがありません。つまり、複利によるメリットを最大限に活かすことができるのです。



老後資金の積立(運用)は超長期間になりますから、わずかな複利効果の差は、将来、大きな金額の差となって表れてきます。




以上が、普通預金で老後資金を積み立てる場合のメリット・デメリットですが、普通預金を利用するか、それとも、付加年金国民年金基金個人年金保険などを利用するかは、アナタの経済状況や家族構成、価値観や考え方によって異なります。


ですから、どうするのが良いとも悪いとも言えません。




ただ、普通預金で老後資金を作っていく場合に確実に言えることは、



少しでも金利が高いネットバンクを利用した方が良い



ということです。




上の方でも言いましたが、超長期におよぶ老後資金の積立は、わずかな金利の差(複利の差)が、将来、大きな金額の差となって表れてきます。

ですから、少しでも高金利な銀行で積立を行うことが大切です(*^^*)。




ネットバンク 普通定期預金金利 比較
  (by ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方)




【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:3,000円】マネックス証券の家族・お友達紹介で現金プレゼント
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:5,000円】セントラル短資FXの口座開設+1取引だけ!


【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】インヴァスト証券の口座開設+1回取引で【5,000円】!
【当サイト限定】FXプライム byGMOの口座開設+取引で【13,000円】!


【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!
【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:19,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債







国民年金の知識


国民年金のメリット


国民年金の給付の種類


年金免除/特例/割引


国民年金と厚生年金


年金を増やす方法[公的]


年金を増やす方法[私的]


お勧めサイト一覧


当サイトについて


現金プレゼントキャンペーン特集!

Copyright(C) 2016 かんたん!国民年金・厚生年金入門 All rights reserved