かんたん!国民年金・厚生年金入門 かんたん!国民年金・厚生年金入門 運営スタッフ紹介 かんたん!国民年金・厚生年金入門 サイトマップ


   かんたん!国民年金・厚生年金入門 > 国民年金の寡婦年金とは?

国民年金の寡婦年金とは?


国民年金の寡婦年金(かふねんきん)とは、



国民年金保険料の納付済期間と、免除期間を合わせて25年以上ある夫が、年金をもわらずに死亡したとき、妻に給付される年金



のことを言います。




漢字も難しいですし(笑)、よく耳にする年金ではないので、死亡一時金と同じように、寡婦年金についても、知らない方が多いのではないかと思います。





寡婦年金を受給できる条件は?

国民年金保険料を納付した期間と免除期間を合わせて25年以上ある夫が、年金をもわらずに死亡したとき。





寡婦年金を受取れるのは、誰?

死亡した国民年金加入者と生計を共にしていた「妻」に支給されます。

つまり、これとは逆のパターンで、妻が死亡し、夫が生存している場合には、寡婦年金は支給されません



また、妻に支給されると書きましたが、「とにかく、結婚していた妻なら良い」というわけではなく、10年以上結婚していた妻という条件がついています。



そして、もし、妻が繰り上げ支給の老齢基礎年金をもらっていた場合には、この寡婦年金は支給されないようになっています。

また、再婚した場合にも、同じく支給されません。





寡婦年金の金額は?

寡婦年金は、妻が60歳〜65歳になるまでの5年間、支給されます。

つまり、夫が死亡したときに、妻が65歳未満であることが条件です。


支給される金額は、死亡した夫が受取ることのできた老齢基礎年金の4分の3(75%)の金額となっています。





以上が、国民年金の寡婦年金の説明ですが、他のページでも書いたように、遺族基礎年金死亡一時金・寡婦年金は、どれか1つしか支給されない仕組みになっていますので、もし、寡婦年金をもらう場合には、残り2つの年金をもらうことはできません。




遺族基礎年金、死亡一時金、寡婦年金の関係については、



遺族基礎年金 → 子供のいる妻、もしくは、子供
・ 寡婦年金 → 子供がいない、65歳未満の妻(結婚期間10年以上)
死亡一時金 → 上の2つの条件に当てはまらない妻

※ここでいう子供とは、「18歳未満の子供」のことを言います。ただし、もし、「子供が障害を持っている場合には、20歳未満の子供」になります。



と考えておけば、国民年金に加入している夫が死亡した際に、どの年金が受取れるか、すんなりと理解できると思います。





最後に、寡婦年金をもらう条件をまとめますね。、



・ 保険料の納付・免除期間が25年以上ある夫が、年金を貰わずに死亡した。
・ 10年以上結婚していた妻である。
・ 18歳未満の子供(障害がある場合は、20歳未満の子供)がいない妻である。
・ 妻の年齢が65歳未満で、老齢基礎年金の繰上受給をしていない。




という4つの条件を満たさなければなりません。



【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:3,000円】マネックス証券の家族・お友達紹介で現金プレゼント
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:5,000円】セントラル短資FXの口座開設+1取引だけ!


【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】インヴァスト証券の口座開設+1回取引で【5,000円】!
【当サイト限定】FXプライム byGMOの口座開設+取引で【13,000円】!


【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!
【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:19,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債







国民年金の知識


国民年金のメリット


国民年金の給付の種類


年金免除/特例/割引


国民年金と厚生年金


年金を増やす方法[公的]


年金を増やす方法[私的]


お勧めサイト一覧


当サイトについて


現金プレゼントキャンペーン特集!

Copyright(C) 2016 かんたん!国民年金・厚生年金入門 All rights reserved