かんたん!国民年金・厚生年金入門 かんたん!国民年金・厚生年金入門 運営スタッフ紹介 かんたん!国民年金・厚生年金入門 サイトマップ


   かんたん!国民年金・厚生年金入門 > 株式投資で自分年金を作る!

株式投資で自分年金を作る!


付加年金国民年金基金確定拠出年金(個人型401K)など、老後の生活資金を作るための選択肢がいろいろとありますが、これらの金融商品には共通した欠点があります。




それは何かというと、



老後(65歳以上)になるまで、積立てたお金を引出すことができない



ということです。




ですから、たとえ、これらの金融商品にウン千万円の積立があったとしても、65歳の引退生活が来るまでは、「絵に描いたモチ」でしかありません(笑)。



いかなる理由であれ、自分の手元に積立てたお金が戻ってくることはないのです。




公務員並みに安定した収入(給料)がある人は良いですが、そうでない人は、付加年金国民年金基金確定拠出年金だけに頼っていると、



もし、65歳前に経済的に困る状況が起こった場合、非常に困る



可能性があります。




また、多くの会社では55歳〜60歳が引退する年齢として定められており、仮にこの年齢で退職した場合には、65歳の年金支給開始まで「無収入の5〜10年間」が発生することになり、多くの定年退職者が困ると言われています。




5年〜10年の無収入期間、アナタは無事、乗り越えられますか?




こう聞かれたとき、自信を持って「大丈夫!」と言える人は少ないでしょう。




年金を増やす方法として紹介している確定拠出年金については、60歳以上になれば,、一時金や年金をもらい始めることができますが、「確定拠出年金のデメリットとして、元本保証ではない点」が挙げられます。




つまり、アナタが60歳になったときに、世界、もしくは、日本の株式や債券市場が好調であれば、今まで確定拠出年金として積立ててきた金額を大きく超えるお金を受取ることができます。




ですが、もしそうではなく、その時たまたま世界や日本の金融市場の状況が悪ければ、今まで確定拠出年金として積立ててきた金額の元本を割った状態で、一時金、もしくは、年金を受取らなければならない可能性もあるのです。




ですから、基本的に65歳以上から受給できる付加年金国民年金基金と同様に、60歳以上から受給できる確定拠出年金についても、「無収入の5〜10年間」の対策として頼りすぎると危険です。





今までに書いてきた「老後にならないと、年金などのお金を自分をもらうことは、一切できない」というデメリットを考えると、



老後までに、自分年金を作っておいた方がいい!



という結論になるのですが、この、自分年金を作るためにお勧めしたいのが株式投資です。





株式投資と言うと、「リスクが高くてギャンブルのようなものだ」という人もいますが、実際にやっている私は、そういう風に感じたことはありません。



私が一番恐いのは、株価が下がって資産額が減ることより、



労働による収入以外、他に収入がないこと



なのです。




働かないと収入がないって、凄く恐いと思いませんか?




私はこれが恐いし、嫌だと思っています。もし、会社の倒産やリストラなど、やむない事情で働けなくなったら、即、無収入の状態に陥りますからね(;^_^A。



ですから私は、普段の株価の上下よりも、「業績がちゃんと成長していて、株主配当を継続して出せるかどうか?」の方が気になります。




つまり、その企業の株価の上げ・下げよりも、毎年、ちゃんと現金(株主配当)をくれるかどうかの方が重要だという事です。




こういう考えでいると、普段の株価の上下にビビることがなくなりますし、毎年、ちゃんと現金をくれる良い会社の株価が安くなったときには、淡々と追加投資をすることができます。




しかし、株価に注目すると、「もし、自分が買った後に、株価が大きく下がったらどうしよう…」とか考えて、いい会社の株価が下がったときに、追加投資をしたり、株を買ったりするのが恐くなってしまいます。




株価じゃなくて、企業が毎年くれる「現金」に注目する




っていう考え方は、「株式投資に興味があるけど、ちょっと恐くて、なかなか投資に踏み切れない」という人には、かなりお勧めです。





ちなみに、安定して成長を続ける会社の株主配当って、成長していくんですよ。



例えば、下の武田薬品工業の株主配当の推移を見てください。




4502:武田薬品工業 [業績推移]




1998年に1株当たり21.25円だった株主配当は、2009年3月には、1株当たり170円になる予定です。



つまり、1998年に、武田薬品工業の株を10000株買っていた人は、


11年前:21.25円×10000株=毎年の株主配当:21万2,500円


だったのが、約11年後の現在では、


現在:170円×10000株=毎年の株主配当:170万円


になった計算になります。




つまり、11年前に株を買って、ほったらかしにしているだけで、毎年の現金配当が勝手に増えていった(しかも、まだ増え続けている)のです。




それに加え、株価の方は約2倍になっています。




4502:武田薬品工業 [株価推移]




株を買ってほったらかしにしておくだけで、資産額が2倍になり、毎年の現金配当は増え続けている…素晴らしいと思いませんか?



こんな銘柄の株を買って持っておけば、日ごろの株価の上げ下げなんて、気にする必要がないことが分かっていただけると思います。




公的な年金制度以外に、株式投資を利用して自分でコツコツと資産を増やしていけば、老後に毎年もらえる株主配当は、かなりの金額になっているでしょうし、また、資産額も相当な金額になっていると思います。




そして、運用が上手くいけば、定年退職の55歳〜60歳前にセミリタイアし、お金に縛られない自由な生活ができる可能性もあります




こういったことを考えると、株式投資は、



老後にしか受取ることができない、年金のデメリットを解決できる良い方法



だと思いませんか?




実際、私はこう思っているので、コツコツと株式投資を行っており、今では、




毎年、年金と同じくらいの株主配当を受取っています



私は20代なので、年齢的にはまだ若い方だと思いますが、株式投資のようなリスクのある資産運用は、始めるのが早ければ早いほど、チャンスがあります。




年金のデメリットを回避する方法として、ぜひ、株式投資で自分年金を作るという方法を検討してみてください(*^^*)。



株式投資とは?
証券会社 パーフェクト比較
   (by 証券会社比較 得するネット証券の選び方)




【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:3,000円】マネックス証券の家族・お友達紹介で現金プレゼント
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:5,000円】セントラル短資FXの口座開設+1取引だけ!


【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】インヴァスト証券の口座開設+1回取引で【5,000円】!
【当サイト限定】FXプライム byGMOの口座開設+取引で【13,000円】!


【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!
【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:19,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債







国民年金の知識


国民年金のメリット


国民年金の給付の種類


年金免除/特例/割引


国民年金と厚生年金


年金を増やす方法[公的]


年金を増やす方法[私的]


お勧めサイト一覧


当サイトについて


現金プレゼントキャンペーン特集!

Copyright(C) 2016 かんたん!国民年金・厚生年金入門 All rights reserved