かんたん!国民年金・厚生年金入門 かんたん!国民年金・厚生年金入門 運営スタッフ紹介 かんたん!国民年金・厚生年金入門 サイトマップ


   かんたん!国民年金・厚生年金入門 > 国民年金・厚生年金のお話 > 103万円(130万円)の壁とは?

会社員の夫を持つ妻の「103万円(130万円)の壁」


会社員(サラリーマン)の夫を持つ妻、もしくは、会社員の奥さんを持つ専業主夫(笑)が働きに出る場合、「アルバイト・パートでは、103万円、もしくは、130万円以上は稼がない方がいい」と言われることがあります。



どうしてこうなるのか詳しい理由を知らない人は、ぜひ、知っておいた方がいいでしょう。これには、税金や国民年金の仕組みが深く関わっているからです。





国民年金の第三号被保険者[130万円の壁](本人に対して)

国民年金についてですが、厚生年金加入の夫(妻)を持つ配偶者(結婚相手)は、第三号被保険者という扱いになり、自分で国民年金保険料を払わなくても、国民年金に加入している状態となります。



ただし、これには条件があり、「第2号被保険者に扶養されている20歳〜60歳の配偶者(結婚相手)で、年収130万円未満の人」となっており、この条件から外れてしまうと、自分で国民年金保険料を納めなければなりません。




また、夫の扶養から外れることになりますから、別途、自分で国民健康保険料を納める必要が出てきますので、年収130万円以下に抑えていた時に比べて、月額数万円もの負担が新たに発生することになります。


そして、夫が勤める会社から、妻に対して何らかの「手当」が出ていた場合、扶養から外れることによって、それも支給が停止される可能性があります




つまり、「国民年金+国民健康保険+会社からの手当」が一気に受けられなくなるため、この「トリプルパンチ」により、家計へのダメージはかなりのものとなります(笑)。




これが「年収130万円の壁」、つまり、専業主婦(専業主夫)が年間130万円以上は稼がない方が良い、と言われる理由です。





所得税の壁[103万円の壁](本人に対して)

働いて収入を得ている人には、給与所得控除というものがあり、年間65万円以下の収入については、税金がかからない仕組みになっています。


また、これとは別に、全ての納税者が受けられる所得控除として、「基礎控除:38万円」が与えられており、給与所得控除に合わせて、この基礎控除が適用される仕組みになっています。




つまり、


給与所得控除:65万円+基礎控除:38万円=103万円


までであれば、働いても、所得税はかからないという事です(所得0円という扱い)。




これが、厚生年金加入者の夫を持つ専業主婦(専業主夫)が意識する「103万円の壁」の根拠です。




ちなみに、住民税については、年収100万円を超えると払う必要が出てきますが、100万円を超えた3万円の収入に対して、ほんのわずかな金額ですから、「住民税を払ってでも、3万円を稼いだ方がお得!」ということで、あまり気にする人はいません(笑)。





配偶者控除[103万円の壁](会社員の夫に対して)

納める税金を計算する際には、各種所得控除を受けられますが、その中に「配偶者控除」という控除項目があります。


これは、「合計所得金額(給与所得控除:65万円を引いた後の金額)が38万円以下の配偶者がいる場合に、働く夫(妻)が受けられる所得控除」です。



上で説明した所得税の103万円の壁では、「年間103万円以下であれば、所得税はかからない」という話をしましたが、これはつまり、「年間103万円以下の稼ぎであれば、妻の所得は0円という扱いになる」ということです。



ですから、会社員で働く夫を持つ妻が、パート・アルバイト等で年間103万円以下しか稼がなければ、この配偶者控除を「夫が」フルに受けられることになります。




例えば、夫の年収が450万円だったとしたら、



年収:450万円−配偶者控除:38万円=課税所得:422万円



という計算になりますから、妻の収入が年間103万円を超えなければ、夫も妻も払う税金が少なくなり、お得になるのです。





配偶者特別控除[103万円の壁](会社員の夫に対して)

配偶者特別控除は、配偶者の合計所得金額(給与所得控除:65万円を引いた後の金額)が38万円を超えた場合に、「年間所得1000万円以下の夫」が受けられる所得控除です。




年収 配偶者特別控除
103万円以下 配偶者控除
103万円〜105万円未満 38万円
105万円〜110万円未満 36万円
110万円〜115万円未満 31万円
115万円〜120万円未満 26万円
120万円〜125万円未満 21万円
125万円〜130万円未満 16万円
130万円〜135万円未満 11万円
135万円〜140万円未満 6万円
140万円〜141万円未満 3万円
141万円以上 0円




夫の所得から控除される金額は、上の表を見ていただければ分かるように、妻の所得に比例して、段階的に減っていく仕組みになっています。





配偶者以外の親族の場合の「103万円(130万円)の壁」

今までの103万円の壁は、「会社員の夫を持つ妻」というケースでの話でした。


次は、そうではない場合、例えば、パート・アルバイトをしている親族(父に扶養されている子供等)の場合について、103万円の壁の影響を説明します。



所得税法における扶養親族とは、納税をしている世帯主と生計を一にする親族等のうち、合計所得金額(給与所得控除:65万円を引いた後の金額)が38万円以下である人のことを言います。


(たとえ一緒に住んでいなかったとしても、生活費のほとんどを親が負担している場合等には、生計を一にしていると判断されます)




つまり、合計所得金額が38万円を超えてしまうと、世帯主(お父さん)の扶養からは外れてしまうことになります。


すると、お父さんの年収から今まで引いてもらっていた「扶養控除:38万円(16歳〜23歳未満の場合には、特定扶養控除:63万円)」がなくなってしまうため、お父さんが払う所得税・住民税が増えてしまいます




また、それまで扶養されていた人自身も、


給与所得控除:65万円+基礎控除:38万円=103万円


を上回ってしまうため、税金負担:0円という訳にはいかなくなり、所得税を納める必要があります。




ですので、例えば、学校を卒業した後、フリーターとして働いてはいるが、親に生活費の面倒をみてもらっている場合には、103万円の壁を超えてしまわないように注意が必要です。




さらに、130万円を超えると、健康保険も親の扶養から外れることになりますから、別途、自分で国民健康保険料を納める必要が出てきます

ですので、年収130万円以下に抑えていた時に比べて、国民健康保険料の支払が新たに発生することになります。




また、国民年金保険料については、20歳なったら国民年金に加入手続きを!にて説明してる通り、20歳以上のすべての人が納めなければなりませんので、年収がいくらであろうが、支払いの義務があります。


実際に、国民年金保険料を負担しなくても、国民年金保険料を納めているという扱いになる、会社員の夫を持つ妻(第三号被保険者)は、「特例」と考えて頂けたらと思います。





以上が「103万円(130万円)の壁」の説明ですが、



・ 妻が所得税を払わなくてもよい。
・ 妻が別途、国民年金・国民健康保険に加入しなくてもよい。
・ 夫が配偶者控除(38万円)を受けられるため、夫の税金等が少なくなる。




というメリットをフル活用するのであれば、「妻の収入は、103万円がベスト」であることが分かって頂けたと思います。





ただし、これは「時間と収入のバランスを考えた場合」の話であって、もっともっと、家族の収入を増やしていきたいと考えるのであれば、103万円を超えた収入を積極的に得ていくという選択も、アリだと思います。



正社員と非正社員(派遣社員・フリーター・パート)との違いに書いていますように、夫婦2人が正社員として働いた場合の生涯年収は、5億にせまるという凄まじい金額になっています。


夫が正社員、妻がパート・アルバイトでの収入とは、全く、比べ物になりません。



また、妻も正社員なのですから、老後には、ダブルの老齢厚生年金が貰えることになりますから、老後の生活にも、かなりの余裕が出るはずです。





実際、夫:公務員+妻:公務員という「公務員夫婦」の場合には、103万円の壁を超えないこと以上に、夫婦で働き続けた方が経済的なメリットが大きいため、共働き正社員の道を選択する人も多いそうです。



・ 共済年金(一般的な厚生年金加入者より、2割ほど年金額が多い)
・ 定年が60歳で、退職金(2500万円〜3000万円程度)が貰える。
夕張市のような例は稀であり、つぶれる心配は、限りなく低い。




まぁ、上記のような「公務員の3大特典×2人」を考えれば、納得もいきますよね(;^_^A。





時間と収入のバランスを考えて「103万円の壁」を選択するか、共働きで積極的に収入を増やしていくかは、アナタの家計状況や、家庭の方針をもとに、夫婦でご検討していただけたらと思います(*^^*)。


もし宜しければ、「かんたん!国民年金・厚生年金入門」をお友達にもご紹介下さい。国民年金・厚生年金の魅力をドンドン広げていきましょう!



【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:3,000円】マネックス証券の家族・お友達紹介で現金プレゼント
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:5,000円】セントラル短資FXの口座開設+1取引だけ!


【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】インヴァスト証券の口座開設+1回取引で【5,000円】!
【当サイト限定】FXプライム byGMOの口座開設+取引で【13,000円】!


【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!
【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:19,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債






国民年金の知識


国民年金のメリット


国民年金の給付の種類


年金免除/特例/割引


国民年金と厚生年金


年金を増やす方法[公的]


年金を増やす方法[私的]


お勧めサイト一覧


当サイトについて


現金プレゼントキャンペーン特集!

Copyright(C) 2016 かんたん!国民年金・厚生年金入門 All rights reserved